私たちのこと

【はりまぜ】に込めた想い

Office Nameの【はりまぜ】って「どういう意味?」と聞かれます。

推理小説の大家である江戸川乱歩が日々の気付きや思いついたアイデア

新聞の切り抜きなどを集めたネタ帳を「貼雑年譜」と言っていたそうです。

デザインとは、沢山の人達の想いを集めたコミュニケーションツールです。

独りよがりでアートなものを作ってはいけません。

世の中の「理(ことわり)を」集めてパッケージする。それが私達、貼雑デザイン事務所です。

Office Profile

概要

▶オフィス名  貼雑(はりまぜ)デザイン事務所

▶所在地    〒640-8152 和歌山県和歌山市十番丁91 十番丁センタービル6F-A

▶Tel        073-488-2578

▶Fax       073-488-2579

▶設立     2007年

▶代表者    角田 誠(つのだ まこと)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2007年 角田(つのだ)の個人事務所として和歌山市に設立。

2009年 家庭用品全国シェア80%の海南市に事務所を移転。

2010年 産学官の山椒プロジェクトに参加。農業分野へのデザインの必要性を感じ本格的に農業デザインに参入。

2014年 和歌山リサーチラボに市役所が移転してくることに決まり、それに従い事務所を岩出市に移転。

2016年 和歌山市に事務所を移転。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 事業内容

▶農業デザイン       出荷用シール・ラベル・袋印刷、加工品用シール・ラベル・袋印刷、ロゴ etc

▶パッケージデザイン    ボックス、グラビア、台紙、ラベル、シール、タグ etc

▶グラフィックデザイン   ロゴ、名刺、POP、チラシ、リーフレット、会社案内、カタログ、冊子、バナー etc

▶店舗デザイン       店舗イメージ(設計別)、コンセプト、ロゴ、各種ツール、SNS etc

経歴・受賞歴

▶岩出市キャラクター選考委員

▶(財)わかやま産業振興財団 専門家派遣事業 専門家登録完了・実施

▶紀の川市観光協会広報部 正会員

▶ご当地アイスクリームグランプリ2016【銀賞】【ご当地審査賞】

▶JAGDA(日本グラフィックデザイナーズ協会)正会員 入会

▶中小企業庁主催【よろず支援拠点】コーディーネター 就任

Designer Profile


角田 誠/Makoto Tsunoda  代表/Designgelist/農業デザイナー/歴史研究家

 幼稚園で初めて聞いた浦島太郎。

 その物語をイメージして絵を描く課題で画面いっぱいに亀を描きました。

 それが高評価を得、百貨店に飾ってもらう。その絵の前で父母祖父母が喜ぶ姿を見て

 「大好きな絵を描くだけで、みんなが喜んでくれる。こんなうれしいことはない!」と思い、

 人を喜ばせるために絵を描き始めました。

 商業デザインの基本理念である、

 《自己満足ではなく誰かのため・モノを売るためにデザインする。》

 この頃にすでに、この考え方が僕には出来上がっていたのかもしれません。

 その後も絵や漫画を描いては友達や弟を喜ばせる少年時代でした。

 高校はデザイン学科で商業デザインを学びました。

 ある日カッターナイフのデッサンに対し恩師からの一言

 「角田、そのカッターで物が切れるか?」で覚醒する。

 中学までは誰にも絵の巧さは負けないと自負していただけに、

 小手先の技で「どうだ、巧いだろう」という絵を描いていました。

 そこを見事に見抜き、突き崩し、伸びきった鼻をへし折って頂けた瞬間でした。

 しっかり対象物を観て、理解し、感じる。

 「モノを売るためのデザイン」の基本中の基本です。

 かっこいいとか、綺麗とか、己の価値観ではなく、きちんと対象を理解し、消費者を理解した上で描く。

 あの一言がなければ、僕はデザイナーとして存在しませんでした。

 その後は授業で出された課題も、依頼だと思いながら取り組むことでいくつか賞も頂けるようになりました。

 卒業制作展ではB1サイズのパネル作品を1人1枚、というノルマに対し僕とYくんはそれぞれ10作品以上作りました。

 どうしても全部飾って欲しいと願い出たが、展示会場にスペースが無くなり

 「すまんけど、選定するように」と悲しい結果に。

 これにより、次の年から僕達の様なパワフルな生徒が出た場合

 全て飾ってあげられるようにと、広い会場での開催となりました。

 広い会場を埋めるために1人1枚から→1人2枚のノルマに変更になり

 2年下の弟に「兄ちゃんのせいでノルマが増えたやないか!」と後で嫌味を言われることになる。

 デザインは全て悟った!などと、今振り返れば恥ずかしいことを公言し、

 大学はデザイン学科ではなく、大阪芸術大学映像学科に入りました。

 そこで映像音楽学食のおばちゃんに一番に気付いてもらえる声の出し方食券の出し方を学ぶ。

 映画を観倒し、路上でギターを掻き鳴らし歌い続けた4年間でした。

 卒業後は映像学科で出逢った友達とコンビを組み、プロのミュージシャンを目指し上京。

 画が浮かぶ様な音楽を!と鼻息あらく大都会の空の下で歌い始める。

 有名ミュージシャンも出演していたライブハウスの店長に

 「お前らは音楽と人間性は最高だが、腰が低すぎるのと服のセンスが無い」という

 苦笑いするしか無い様な指導を受けるが、結局お金もないので同じ服を着続ける。

 相方は「自分が楽しむ音楽」

 僕は「人を楽しませる音楽」

 という真逆のコンビでした。だからこそ紡ぎ出せるハーモニーが有りました。

 やがて僕達のライブでは涙を流す女性がチラホラと。

 中には「何故、私の人生を知っているの?!」と詰め寄られることも。

 勿論、知っているわけではないのですが、お客さんが求めている音楽を

 僕はいつも作りたいと願っていました。少しでも聴いてくれた人が幸せになれるようにと。

 手作りのCDを作成し、100枚以上販売。

 ジャケットのデザインやライブで配る冊子づくりが面白くなり、

 練習に身が入らなくなる。ハモリを練習するよりも冊子づくりに追われる。。。

 そして過酷な生活により体調を崩す。大手レコード会社からも声が掛かるが

 芽が出ない毎日にそろそろ限界だと26歳で感じる。

 音楽活動を「休止」という事にし、帰郷。

 和歌山のデザイン事務所に就職し独立。

 紆余曲折を経て元の商業デザインの世界に戻り今に至ります。

 趣味は自他共に認める歴史です。

 特に戦国時代、関ヶ原の戦いを中心に研究しております。

 書物を読みあさり史跡を巡っておりますので

 撮り溜めた写真や映像などをまたいつかご紹介出来ればと思っております。


土井 知子/Satoko Doi  染織家/Designer/みかん農家

 和歌山のみかんの専業農家に生まれる。

 小さい頃から絵を描くのが好きで、物心ついた頃には広告の裏などに絵を描きまくっていました。

 漫画家やイラストレーターになりたいとぼんやり思っていましたが、

 仲良しの友達がべらぼうに絵が上手く、憧れて絵を描くものの、自分の実力の無さを実感する日々。

 それでも諦めきれずに少しでも将来絵に関わる方向に進みたいと、

 絵の専門クラスもある高校の普通科に入学し、美術部に入りました。

 そこで、美術部の先生に進路相談をして画塾にも通うことになります。

 デッサンを描き続ける内に絵は好きだけど、自分の進む方向とは少し違うと感じるようになり、

 絵ではなく物づくりの方向へ進むことを決め、昔話や童話の世界でしか知らない染めや織をやってみたいと

 近畿大学文芸学部芸術学科の染織コースへ入学。

 「織物を構成するタテ糸のタテは経度の経、ヨコ糸のヨコは緯度の緯と表記する。

 緯糸を通して経糸の間を行き来する(ひ)は英語でshuttle、スペースシャトルの語源。

 織物は宇宙なのよ。」という恩師の言葉は今でも心に残っています。

 大学で染めや織りの奥深さに触れ、作品を作り展覧会をすることの楽しさにも目覚めます。

 デザインとアートの違いを学んだのも大学時代でした。

 当時、天井から雨漏りするようなボロボロの教室でしたが、水場もコンロも揃っていて、

 遅くまで残って制作するときは友達や後輩と毎日鍋パーティをしていました。

 教室の時間外使用届けを出し続け、最初は怖かった守衛さんともすっかり仲良くなった楽しい大学生活の最後、

 卒業制作の織りのタペストリーは完成し、審査も通って卒業の認可も下りたものの、

 恩師から「この作品、あなたが全然出ていないわ。卒展までまだ時間あるから作り直しなさいよ。」と

 まさかのダメ出し!!卒展まで約二週間しかなく、大慌てでデザインからやり直して恩師のOKがでた後、

 糸の買い付けに行き、染めて、約2m×3mのタペストリーを朝から夜までひたすら織り続けました。

 当時和歌山から大阪に通っていたので、天王寺に宿をとったり、友達や後輩に糸巻きを手伝ってもらったりして、

 卒展の搬入日に皆展示している中、会場で最終の仕上げをして滑り込みでなんとか展示できました。

 めちゃくちゃ大変でしたが、納得いく作品ができてやりきった充実感もあり、今では良い思い出です。

 卒業後はテキスタイル系のメーカー等で働いていましたが、

 東日本大震災を機に大量生産&大量消費の一端に組み込まれて仕事をしていることに疑問や虚無感を感じ、

 翌年の春に地元の和歌山で家の農業を手伝いつつ顔の見える仕事がしたいとUターン。

 かつてアルバイトしていた学童に非常勤で再就職した後、

 貼雑の求人を見てHPで代表角田のデザインへの熱い想いに共感し、応募。

 ダブルワークですが無事採用されて今に至ります。デザインの世界は本当に奥深く、日々勉強中です。

 デザインで農業をはじめ他の産業に携わる方々のお手伝いができる事を嬉しく思いつつ、

 ご依頼主様の想いに寄り添えるようにと心がけております。

 仕事の合間に染織の作家活動も細々と続けており、たまに展覧会などに出したりワークショップをしています。

 2013年に事故でムチウチを患い、知り合いの整体師さんに調整してもらって劇的に良くなってから

 健康の大事さに目覚め、健康オタクに。

 子供の頃から悩んでいた万年冷え性を卒業し、アレルギー体質も徐々に改善しつつあります。

 現在整体を勉強中。

 

PAGE TOP