「しっかり自分たちのことは理解している」
そう言い切れる人はどのぐらいいるでしょうか。
かく言う私、角田(つのだ)も自分のこととなると全くわかりません(笑

自分たちのことを理解しようとすると、人は自問自答をします。
自分を見つめることはとても大切なのでそれは良いことだと思います。
しかし、自問自答は「壁に向かってボールを投げている」のと同じで
帰ってくるボールの軌道や速さは最初からわかってしまう。
未知の発見はありません。
最初からどう帰ってくるのかわかっているボールを、いくら受けたとしても
決して成長しません。

誰かとキャッチボールが必要なんです。
誰かと話すことで、何かが見えます。

そんな誰かを、プロのデザイナーに担わせるだけで
とてもレベルの高いキャッチボールが出来るのです。

風邪だと思って病院に行ったら、ドクターから思ってもない病を告げられることもあります。
逆に重い病気だと思っていたものが、単なる気の病だということもあります。

大切なのは「プロに話をし、的確なアドバイスを受けること」です。
今までの弊社のサービスは
デザインを発注しないとデザイナーである私達を呼び出すことができませんでした。
しかし、デザインを作成する前段階のご相談・ヒヤリングの大切さは重々気づいておりました。

そこで、「課題解決ヒヤリング」にお伺いいたします!
すべてをぶつけてみてください。

私角田はプロのデザイナーであり、経営者でもあります。
クライアントの事業継承事変に巻き込まれ、大きな負債も抱えたこともありました。。。笑
そんな経験を買われ、経済産業省・中小企業庁のよろず支援拠点で6年間、相談員も務めました。
和歌山県立農林大学校で農業デザインの教鞭もとり、6次産業化プランナーにも就任しております。

それらすべてが皆様のお役に立てる「ネタ」になっております。

経験と実績が豊富で、おしゃべりなうえに一箇所にじっとしているのが苦手な僕が
皆様の元にお伺いし、お話を聴き、未来を一緒に考えてみたいと
今からお逢いできるのを楽しみにしております。


こんな方にお薦めです

★農園全体★

Q.現在の状況全体を見渡し、今後どのような施策をしていけばよいか教えてほしい。
A.現在、誰が決裁権をもっているのか、どんな未来を描いているのか。複合的に判断し、5年後10年後先から
 遡って考える【バックキャスト方式】でお話を聞きます。「5年後にこうなっていたい。だから今これをする」

Q.農園の独自性を探して独自化をしたいが、自分たちで何が特徴なのかわからない。
A.慣行農法で特徴がない、と自分たちでは思っていても、必ずそれぞれに独自性があります。
 私達にはそれを引き出す【農業ヒヤリング】という独自の質問項目を用意しております。

Q.繁忙期と閑散期で収入が乱高下してしまう。年間通して収益を上げる方法を教えてほしい。
A.2007年より日用品メーカー、小規模事業者、個人商店など
 多岐にわたる業種のブランディングサポートをしてきました。その他ジャンルのノウハウで
 一緒に考えます。

Q.ロゴがあるがどう使ったらよいかわからない。
A.そのロゴがきちんと使用できるロゴかどうかから診断します。
 ロゴはブランドの顔です。ぜひ使い倒しましょう!

Q.ロゴがほしいが、どのように作ったらよいかわからない。
A.自作をするのか、知り合いで絵の上手い人や書道家、イラストレーターに頼むのか
 私達のようなプロのデザイナーに頼むのか。それによって作り方が変わります。

Q.社員として働いているが、経営者に思いが理解されない。どう伝えたらよいかアドバイスがほしい。
A.伝え方はとても重要ですが、まずは自分が実践してみる。
 行動を起こすきっかけや、結果がでる行動を一緒に考えます。

★商品開発★

Q.加工品を作ったが、どのように売っていけばよいか教えてほしい。
A.まず、加工品は思いつきで作ってはダメです。作る前に【市場を作ります】
 また、加工の専門家やコンサルに頼んでも駄目です。彼らは作ることはプロですが
 売ることを考えていません。ですので、どんなに美味しいものができても、売れません。
 本当の商品開発とは、「どんな人が、どこで、なんのために買うのか?」それを考えてから加工品を作ります。
 しかし「もう作ってしまった。。。」という方もご安心ください。
 どこで、誰にどうやって売るか?を一緒に考えましょう。

Q.価格設定がわからない。
A.「経営は値決め」といっても過言ではありません。一緒に悩みましょう!

Q.リニューアルをしたいが、どのようにすればよいかわからない。
A.「オールドブランド」「オールドブランディング」という言葉があります。
 リニューアルだからといって、すべてを捨てるのではなく、
 バランスよく残して、活かし、つなげることも大事です。

Q.場当たり的に作ってきた商品やサービスが無茶苦茶になっている。
A.ブランドトーンを整えましょう!

★販促★

Q.名刺は必要?それすらわからない。
A.絶対に必要です!商品を作っているだけならいりません。作って、作ったものを自分で食べていれば
 良いのですから人と相まみえることもありません。しかし、売るというのは当たり前ですが売る相手がいます。
 相手がいるのに、自分の紹介をしないわけにはいきませんよね。

Q.使用しているデザインツール(箱などのパッケージやリーフレットやチラシなどの同梱物)の効果が無いので
 どのように変更すればよいか教えてほしい。
A.すべてをずらっと並べ、一緒に考えましょう!

Q.HP、SNSで何を発信していけばよいか教えてほしい。
A.あなたはどんな農家ですか?どんな農園ですか?そしてどんな人がお客様ですか?それにしっかり答えられないと
 なにを発信していけばいいかわかりません。ビジネスとして利用する場合は、承認欲求を満たしたり、
 友達との交換日記ではなく、自己ブランディングの場です。

Q.リアルとWebでどのような違いがあり、どのように分けて考えたらよいかわからない。
A.同じです。人と人とのつながりはリアルもWebも同じです。

Q.写真の撮り方がわからない。
A.目的を持って写真を撮っていますか?なぜ写真が必要か?
 どんな効果を求めたいのか。それをしっかり考えてシャッターを切りましょう。

Q.チラシやリーフレット、農園紹介の使い方がわからない。
A.写真と同じですが、どんな目的で作るのか?それをしっかり考えることが大切です。

★補助金・助成金の相談★

Q.どんな補助金があるかわからない。
A.お任せください!元・よろず支援拠点(経済産業省・中小企業庁機関)コーディネーターとして培った
 実績と人脈で一緒にお探しします!

 


 

お伺いした事例

  

 


 

全体の流れ

①下記フォーム、メール、お電話073-488-2578(「ヒヤリングの件」とお伝えください。担当:つのだ)にてお申し込みください。

②交通費のお見積りをお送りいたします。

③内容にご了承いただけましたらお伺いいたします。

④事業終了後、請求書を発行いたします。お振込みをお願いいたします。


 

 

プラン 1)1時間〜2時間・・・¥39,800 (税別)+ 交通費

              ●ヒヤリング、園地拝見、などなど

【内容】

①メールにて事前にご相談内容をお知らせください。
 (何が問題なのかもわからない!という方も空白で大丈夫です!ご安心ください一緒に探します!)

②課題を拝見し、お応えを用意いたします。

③実際にお逢いして改めてお話をお聴きし、
 ご用意したお応えを使いながらもヒヤリングの中から更に課題を探ります。
 ご一緒に応えを探しましょう。

 

プラン 2)1〜2時間 + ヒヤリングシート作成
    ・・・¥59,800 (税別)+ 交通費
       ●ヒヤリング、園地拝見、+ ヒヤリングシート作成

【内容】

①メールにて事前にご相談内容をお知らせください。
 (何が問題なのかもわからない!という方も空白で大丈夫です!ご安心ください一緒に探します!)

②課題を拝見し、お応えを用意いたします。

③実際にお逢いして改めてお話をお聴きし、
 ご用意したお応えを使いながらもヒヤリングの中から更に課題を探ります。
 ご一緒に応えを探しましょう。

④後日、ヒヤリングさせていただいた内容をまとめた「ヒヤリングシート」を作成し
 納品させていただきます。

 

●Tel:073-488-2578
「ヒヤリングの件」とお伝えください。担当:つのだ

Mail:info@harimaze.com

 

●お申込みフォーム

    郵便番号(必須)

    ご住所(必須)

    電話 固定 or 携帯(必須)

    プラン(必須) 

    ご質問内容(必須) 


    TOP
    実績 料金 課題解決 セミナー お問い合わせ