農業デザイン講演会  at  *沖縄(那覇・宮古島・石垣島)*

12月の2〜5日と、沖縄へお邪魔してまいりました。

12月2日は那覇、3日は宮古島、4日は石垣島の3箇所です!

沖縄県の事業「不利性解消出荷体制強化支援事業」でパッケージデザインのお話を沖縄県内の生産者の皆様にさせていただきました。

僕たち和歌山から見ていると、「沖縄」というブランドのポテンシャルの高さで、しっかり戦っているように見えていたのですが、現地の皆様のお話を聞き、本事業のタイトルにもありますように「不利」な部分がとても大きいと感じました。

「デザイン」というジャンルだけ見てもとても枯渇していました。

僕の講演はいつも、「ここをこんな色にしたら売れますよ」「こんなフォントを選びましょうー」などと言った安直なHow toは話しません。

もっと根本的な解決を探るために「デザインとは」というスタート地点から話します。難しすぎないように制作事例も踏まえながらお話するのですが、やはりHow toを聞きたかった、とい方にはつまらない時間になってしまうようです。

しかし今回は皆様真剣に楽しく聴いていただけていたんじゃないかと感じました。

パッケージデザインだけではなく、本当に短い時間での詰め込みでしたが、ロゴマークの考え方もお話させていただきました。

講演終了後の無料相談会も、毎回のことですが時間が足りないくらいで。。。今回も飛行機の時間ギリギリまでご相談にお答えしましたが、やはりもっと踏み込んだお答えをしたかったと言う思いです。

本事業では定期的に他のジャンルの講師を呼んで講演を開催しているそうですが、出席する人たちは大体いつも同じ顔ぶれの7人くらいらしいです。しかし、今回は3箇所とも、20人以上集まっていただき、石垣島では会場いっぱいで席が足らないようでした。皆様、やはりデザインの重要性を肌で感じているのだと実感いたしました。

今回のご縁で来年は、ちょこちょこと沖縄へお邪魔することになりましたので、どこかの機会でまた、無料相談会なども開けたらいいなあと考えております。

国の事業でコーディネーターをさせていただいている「よろず支援拠点」の出張無料相談会のような感じですね(笑

やはり、1時間ほどじっくりご相談にお答えしたいですね。

しかし、沖縄の生産者の皆様もパワフルで良いですね!未来に向かってしっかり歩いておられました。このご縁をきっかけに、少しでもお力になれれば嬉しいですね。

さあ、ここからは毎度出張ネタ恒例の備忘録です★ご興味のある方は読んでくださいね!

今回はスタッフ総出で沖縄へ行ってまいりましたので、最終日は完全にオフにし、観光をしてまいりました。

しかし、滞在中1週間、ずーーーーーっと曇天で(涙。。。しかもオフ日は大雨(涙

ただ、それでも沖縄はきれいですね!楽しかったです。

案内をお願いしたタクシーの運転手さんもとてもユニークで楽しく。なんと三線を弾いて沖縄の歌を歌ってくれました!

いつもは外で歌っているらしいのですが、雨なので車内で。。でも、海が見えるところで歌っていただいたのは本当に感動しました。映画のワンシーンのようなシチュエーションに、スタッフ一同大興奮でした。

ちなみに、僕たちは「沖縄、12月なのに暑すぎる。。。」と上着をぬいでいたのですが、運転手さんは「寒い〜〜〜」とダウンを着込み、すでに風邪をひいていおりました。温度差!!

僕、角田は「人生初の沖縄は仕事で行くぞ!」と20歳ごろ宣言し、沖縄は行ったことが無く、本当に今回が初沖縄でした。観光で行くと、現地の暮らしがあまりリアルにわかりません。仕事でお伺いすると、その土地に暮らす人の営みを間近でお聞きし、感じる事ができます。沖縄の現状も少し見えましたので、和歌山と沖縄、少し遠いですが、これからも伴奏出来ればいいなあぁと思いました。

最後になりましたが、お招きいただいたブルームーンパートナーズ株式会社の皆様、ありがとうございました!一緒に熱く語り合って呑んだお酒も最高でした。あまりに語り合っていたので、何も食べずお酒だけ呑んでいたことに気づかず。。。帰り道にスタッフさんに「ほとんど食べずに大丈夫ですか?」と言われて一気に酔が回りました(笑

関連記事一覧

PAGE TOP